2008年09月22日

ウォンテッド観てきた

予告編を観て凄く気になってた作品です。

冴えない鬱病会社員の主人公が暗殺組織にスカウトされ、そこで訓練をうけて活躍するという、大まかに言うとそんな話です。

話の流れからして主人公が訓練によって超人的な能力を身に着けていき、活躍する姿に盛り上がりを感じると思うのですが、
坊やっぽい吹き替えの声の影響なのか、いまいち主人公がかっこよくない(あくまで自分の主観ですが)ので盛り上がらない。
最初の冴えない坊やのイメージが払拭されない。


というわけで観にいく方には字幕版をお奨めしたいです。

多少底の浅さを感じる後半の展開も気になりましたが、スタイリッシュなアクションは十分見所があり、これだけも観にいく価値はあると思います。
posted by てっけんとう at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19848700

この記事へのトラックバック