2008年09月18日

はとがいる「とまるトンボ」

20080918.jpg


過去一度だけトンボの大量発生に出くわしたことがありますが、その時は上のはっちゃんのように指を差し出すだけでトンボが止まってました。
虫捕り網を2、3度振るだけで網の中にもっさりとトンボが捕れたのが衝撃的というか、気持ち悪かったです。


漫画気に入ったらクリックお願いします。
wcrbn02_n.gif(Web漫画ランキング)



posted by てっけんとう at 19:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画
この記事へのコメント
はっちゃん可愛いですねー。
鳩だけじゃなくて生き物全般に好かれる体質なのでしょうか。

とんぼが指にとまるという経験はありませんが(私は動物に
好かれない体質みたいで)、死にかけたセミがパーカーのフードに
入ったときはうるさくて耳がどうにかなりそうでしたw

今回の漫画は1コマ目のはっちゃんがお気に入りです。
なんか表情とポーズが自然で、いいなぁと感じました。
Posted by はとすき at 2008年09月19日 03:40
>はとすきさん
返信遅れてすいません。

>鳩だけじゃなくて生き物全般に好かれる
なんとなく小動物系には人気ありそうな気がしますね。
小動物も何か憩いの場オーラを感じ取っているのかもしれません。

近距離の蝉は本当に五月蝿いですね;
子供の頃は蝉の抜け殻を服にくっつけるいたずらが流行ってました。

1コマ目は自分も気に入ってます。
全体的に右向きの顔はちょっとぎこちない感じがします...;
Posted by てっけんとう at 2008年09月20日 20:10
きっと、よっちゃんはこのまま少し観察。に一票。
トンボが家の中に入ってきて、電灯にアタックするときも五月蝿いです。逃がすのにも一苦労ですし。

あー、わかりますー。僕の場合は左向きのキャラが変になります。利き腕とか描き始めた頃の練習の関係なのでしょうか。僕は右利きで、練習もよく右向きのを書いていましたからー。
Posted by ブラッドさん at 2008年09月21日 08:49
>ブラッドさん
コメントありがとうございます。
ブラッドさんが書いたように、よっちゃんはしばらく見た後にそのまま何事もなかったようにするような気がしますね。
家の中に鬼ヤンマが入ってきた時は一生懸命捕まえてた記憶があります。

苦手な向きの絵は反転させて違和感がないかを確認するのが良いのですが、実際そこまで手が回らず、雑誌に載ってから「なんかおかしい」と思うことがよくあります;
本当に自分の実力不足を重い知らせれます。
Posted by てっけんとう at 2008年09月21日 20:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19611453

この記事へのトラックバック